タンス預金ってどう?物価上昇(つまりインフレ)の局面では、その上昇した分相対的に価値が下がるという仕組み。すぐには暮らしに必要なとしていないお金は、損しないよう安全、そして金利が付く商品にお金を移した方がよいだろう。
要は「失われた10年」という言葉は、ある国そのもの、もしくはどこかの地域における経済が約10年の長期間にわたる不況並びに停滞に襲い掛かられた10年を語るときに使う語である。
きちんと知っておきたい用語。外貨両替とは?⇒日本国外への旅行あるいは手元に外貨をおく必要がある際に利用するのだ。最近は日本円に不安を感じているためか、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した西暦2000年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に係る事務を新たに移管し約2年前に発足した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に改編。翌年の平成13年1月、金融庁に業務の大半を引き継ぎ、金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
まさに世紀末の西暦2000年7月、当時の大蔵省よりこれまでの業務以外に金融制度の企画立案事務を移管し金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融再生委員会の管理下にある金融庁に再組織した。そして2001年1月、金融再生委員会は中央省庁再編にともない廃止され、現在の内閣府直属の外局となった。


格付機関による格付けを利用する理由(魅力)は、難しい財務に関する資料を読めなくても格付けされた金融機関の財務状況が判断できる点にあるのだ。ランキング表で2つ以上の金融機関を比較することまで可能なのです。
ムーディーズなどの信用格付機関による格付けを利用するメリットは、読むだけでも時間のかかる財務資料の内容が理解できなくても格付けが公表されているため、金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるところにあります。ランキング表を使えば金融機関同士を比較することも可能です。
15年近く昔の西暦1998年12月、当時の総理府の内部部局ではなく外局として大臣をその委員長と決めた新しい組織である金融再生委員会を設置し、不祥事を受けて設置された金融監督庁は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に3年弱据えられていたのである。
この「銀行の経営、それは銀行自身に信用があって軌道にのるか、そうでなければ融資するほど価値があるとは言えない銀行だと見立てられたことで繁栄できなくなる、二つのうち一つである」(引用:米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
【解説】FX:業者に補償金を預託し、外国の通貨を売買することで利益を出す取引である。ほかの外貨預金や外貨MMFより利回りが高く、さらには為替コストも安いのがポイント。FXに興味があれば証券会社またはFX会社へ。


アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構(DIC)が一定額までの預金保護のために支払う現在の補償額は"預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"ということになっています。この機構は日本政府そして日銀さらに民間金融機関全体が同じくらいの割合で
15年近く昔の西暦1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として大臣をその委員長とされた新たな機関、金融再生委員会が設置され、官僚を長とする金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管理下に2年以上も配されていたわけです。
必ず知っておくべきこととして、株式の内容⇒出資証券(有価証券)であって、株式を発行した企業は株式を手に入れた(出資した)株主に対する出資金等の返済に関する義務は発生しないとされています。かつ、株式の換金方法は売却である。
福田首相が総理を降りた直後の2008年9月15日、アメリカで大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如経営破綻したというニュースが世界中を驚かせた。この破綻がその後の世界の金融危機の引き金になったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたわけだ。
ということは「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、金融庁において判断するものである。大方のケースでは、小粒の違反がわんさとあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」認定するわけです。